薄毛の原因

ある日シャンプーを流していたら、髪の毛がごっそり抜けて流れた。あるいは髪の毛をとかしていたら、大量の抜け毛が櫛に絡まった。そんな経験はありませんか?本当に身が凍るような思いがするはずです。だって髪は女の命です。どんなに身だしなみに気を付けていても、髪の毛のボリュームがなくなってきたり、生え際が薄くなってきたりしてしまったら、スタイルは決まらないのです。
女性薄毛に悩む人が増えているそうです。原因はどこにあるのでしょうか。女性の薄毛には、男性の薄毛とは違う原因があると考えられています。まずは女性ホルモンの影響です。妊娠や出産などで女性ホルモンの働きが乱れたりすると、髪に栄養がいきわたらなくなって抜け毛が増えてしまいます。女性ホルモンが原因の女性薄毛は、気にし過ぎると症状が悪化することがあります。妊娠や出産ならば、薄毛は一時的な症状であると割り切ることも大切なことです。無事に赤ちゃんを産み終わり、ホルモンの働きが正常に戻れば、ほとんどの場合髪の毛の状態も元に戻るからです。
それから、女性特有の薄毛に、ダイエットが原因の場合があります。栄養はきちんと摂取しながら運動で体重を落としていく方法ならば、ダイエットをしてもそれほど問題はないのです。女性薄毛を引き起こしてしまうのは、食事量を無理に抑えたり、単品の食品ばかりを食べ続けたりする無理なダイエット法です。確かに一時的に体重は減るはずです。でも、髪の毛はどんどん抜けます。肌も荒れます。顔色も悪くなります。たとえ痩せても、とてもきれいになったとは言えないのですね。どうして無理に食事量を抑えると髪の毛が抜けるのでしょうか。栄養のバランスが悪くなるからです。
髪の毛は主にタンパク質からできています。肉や魚をしっかり食べなければつやのある美しい髪は生まれません。それから、同時にビタミンも必要です。野菜や果物も十分に摂取してください。美しい髪の毛にはタンパク質と同時にビタミンも必要になります。少し前までは抜けてしまった髪の毛は元には戻りませんでした。薄毛になってしまったら、かつらを付けるくらいしか、対処法はなかったのです。でも今は違います。育毛剤の進化は著しいのです。単なる気休めではありません。確実に症状が改善します。髪は抜けてしまっても、良質の育毛剤を適切に使えば元の状態に戻せる時代になってきたのです。